総合運用管理サービス

サイトロックマネジメントサービス

 

サイトロック マネジメントサービスは、企業で稼働しているさまざまなITサービスやシステムを24時間365日体制で、統合的に運用監理を行うサービスです。お客様が抱えている運用管理業務の問題をアウトソースすることで、ITサービスの品質確保や、IT部門スタッフの負荷と運用コストを軽減し、本来の業務に専念することができます。

 

特長

お客様の要求に対応した柔軟な運用監視サービス

お客様の様々なニーズに対応してサーバー・ネットワーク機器の稼働状況を監視します。緊急依頼にも24時間365日対応を行い、ITILのインシデント管理のコンセプトに基づき、サービスを提供します。

障害発生から対応完了までを一元管理・共有化による統合監視

高度な障害切り分けや問題判別を実施します。障害から復旧作業までの履歴を一元管理(顧客管理・障害管理・変更管理など)し、お客様専用のWEBポータルサイトよりいつでも情報共有を可能にします。

ITIL準拠、ISO9001認証

ITIL準拠、ISO9001に基づきプロセスを作成しています。すべての対応手順をプロセス化することで、安定した品質のサービス提供を維持しています。

 

提供イメージ

サービス提供イメージ

 

仕様

外部監視サービス

お客様が提供するWeb上のサービスが、『安全に提供されているか』をインターネットを通じてユーザと同じ視点から監視します。内部の監視からでは正常に稼動しているサーバが、外部から見るとダウンしているように見える場合でも、その障害を検知することが可能です。

  • サービスレベル・運用手順書の作成
  • Webポータルサイト登録・使用マニュアル提供
  • 死活監視
  • ポート応答監視
  • トランザクション監視
  • 通知及び問い合わせ窓口
  • 障害一次切り分け
  • テストモニタリング
  • 障害履歴管理
  • 目視操作監視
  • リモート障害対応

内部監視サービス

障害発生時に障害発生個所をいち早く特定し、迅速かつ的確な対応を可能にします。内部からのシステムの状態を監視することにより、外部からでは気が付かない障害を検知することが可能です。例えば、冗長構成のうち1台がダウンしていても、外部から見た場合は稼動しているように見えてしまいます。このような外部からでは判別できない問題を内部から監視することにより検知するサービスです。また、既に監視ツールがある場合は、その監視ツールと連携し、既存の監視システムを保持したまま、監視を行うことも可能です。

  • サービスレベル・運用手順書の作成
  • 監視インフラ設定と設置
  • Webポータルサイト登録・使用マニュアル提供
  • テストモニタリング
  • 監視項目の設定
  • 障害一次切り分け
  • 通知及び問い合わせ窓口
  • 監視センターメンバトレーニング
  • 目視操作監視
  • リモート障害対応
  • リソース監視
  • プロセス監視
  • ログ監視
  • SNMP Trap監視
  • ポート応答監視
  • 障害履歴管理
  • 運用手順書作成
  • 死活監視
  • トランザクション監視
  • データベース監視

目視操作監視(アルティメイトチェック)

サイトロックの監視員(人手)が実機を使って操作をおこない、サービスが正常に提供されていることを目視により確認する監視サービスです。以下、例の場合などにお勧めのサービスです。

  1. 例1:ユーザに送信したメール本文のURLをクリックし、リンク先が正しく表示されることを確認する
  2. 例2:ECサイトで実際に指定された商品の買い物ができることを確認する
  3. 例3:メール送信やWebサイトの操作で、きちんとFAXが送信されているか確認する
  4. 例4:夜間バッチが問題なく実施されているか確認する

トランザクション監視(バリデーションチェック)

定期的に実行する監視サービスです。単に指定URLをダウンロード監視するだけではなく、予め操作手順やチェック項目を記録しておき、以下の項目についてのチェックを実施します。

画面推移全体をチェック
  • 文字列を自動入力し、次画面に遷移することで、認証やアプリケーション画面をチェック
  • 画面遷移全体のチェック(例:買い物などの一連のトランザクション処理のチェック等)
  • URLからURLまでのレスポンス時間をチェック
  • URL表示後に、特定テキスト文字列の表示をチェック
  • 画像が所定の位置、所定のサイズで表示されているかチェック(ページの改竄等)

リモート障害対応(コレクティブアクション)

サービス合意書(DSA)に予め登録された手順に従って、次のようなリモートからの障害復旧操作を実施します。障害通知先は、お客様担当者だけでなく、保守ベンダーへの駆けつけ依頼やデータセンターオペレーターへのオンサイトの依頼・指示(外観確認など)も行います。『予め対応内容が手順化されている』、『対応時間が5分~10分程度』という前提条件がみたされている作業などを実施します。

  • OSやプロセスの再起動
  • バッチジョブの成否確認や再実行
  • バックアップジョブの成否確認や再実行
  • 冗長構成の手動切り替え
  • L/B(負荷分散装置)の設定変更
  • 保守ベンダやIDCオペレータへのオンサイト依頼や指示

 

価格

個別お見積りとなります。

 

資料

 

pageトップへ